主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
レッスンの悲劇?(打つ手なし?その2)
2011年06月28日 (火) | 編集 |

えー

普段は3食昼寝付き主婦のせりせ。ですが



内職もしています。





内職とはいえ






そこはぷろふぇっしょなる(意味分かって書いてます?)






習い始めた小さなお子様たちの音感を育てるべく











あれこれ工夫していますが
(打つ手なしになったんじゃーー;)






大人の生徒さんの場合はどうでしょう





@@;





それは●○前のこと







大人の生徒さんのBさんがやってきました







Bさんせんせーこんにちはヾ(@°▽°@)ノ



大人?











せりせ。「はいこんにちは!今日は何から?」







Bさん「モーツアルトのソナタを弾きたいので練習してきましたっヾ(@°▽°@)ノ



大人の生徒さんは有名な作曲家の曲を弾きたがる傾向が^^;



2011_0628e0002.jpg




・・・これ出だしは簡単なんだけど





Bさんの腕前だと








途中からもたつくおそれがーー;









でもせっかく練習してきたし^^;








せりせ。「じゃあ弾いて下さい」










m(@°▽°@)mド~ミソシ~ドレド











あっ!出だしそんなに勢いよく弾いたら・・









m(@°▽°@)mラ~シドレミファソ









・・・案の定






16部音符のところが8分音符とおなじ速さにーー;












せりせ。「そこの16部音符のスケールから弾いて!」










m(@°▽°@)mラ~シドレミファソ










やっぱり8分音符と同じーー;












せりせ。「そこは16部音符なので・・・じゃあメトロノームに合わせて手を叩いて、一拍の中に4つタタタタと言ってみましょう」









(@°▽°@) 艸タタタタ









せりせ。「出来ましたね!じゃあ手拍子1個のなかにラーシドって言って」











(@°▽°@) 艸ラーシド










せりせ。「レミファソ!」








(@°▽°@) 艸レミファソ









せりせ。「つなげて!ラーシドレミファソ










(@°▽°@) 艸ラーシド艸レミファソ










せりせ。「出来ましたね。じゃあそこをピアノで弾いて下さい」










m(@°▽°@)m ラーシドレミファソ








出来た^^









せりせ。「じゃあ最初から弾いて」










m(@°▽°@)mド~ミソシ~ドレド











あっ!また出だしそんなに勢いよく・・











m(@°▽°@)mラ~シドレミファソ










・・・やっぱ






16部音符のところが8分音符とおなじ速さに






なっちゃってますよぅ(。。)










何とか手を打ってた速さで弾き始めてほしいBさんに








いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif










<今日のその後>







せりせ。「じゃあメトロノーム聴いてから入って下さい^^;」








最初からそうすればよかったんじゃーー;









カチピッピッピッ








m(@°▽°@)mド~ミソシ~ドレド







あっ!





今度は









8分音符が16部音符の速さに
(4拍に8拍分を入れて弾いて・・つまり倍の速さに)




なっちゃいましたよぅ@@;










何とか手を打ってた速さで弾き始めてほしいBさんに
(速さは把握してるんじゃーー;)






いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック