主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
レッスンの悲劇?(分かんないの編その3)
2010年10月16日 (土) | 編集 |
えー


えー普段は3食昼寝付き主婦のせりせ。ですが



内職もしています。





内職とはいえ






そこはぷろふぇっしょなる(意味分かって書いてます?)







習い始めた小さなお子様たちにも




分かりやすいレッスンを心がけているのですが







大人の生徒さんの場合はどうでしょう







・・・(。。)


それは●●前のこと






奥様生徒さんのCさんがやってきました。






せりせ。「こんにちは」







Cさん「よろしくお願いします^^」








Cさんの宿題はこれでしたね。

ツェルニー/30番練習曲








せりせ。「15番合格!^^」






はしょるな!――;






Cさん「わーいヾ(@°▽°@)ノ










合格して嬉しいのは大人も子供も同じ^^








せりせ。「じゃあ次の曲を見てください」



2010_1015e0005.jpg






Cさんは初見奏もそこそこ上手だから
(うらやましいな~~。)





せりせ。「ちょっと弾いて見て下さい」





m(`へ´)m






m(`へ´;m





Cさん「うっ!これト音記号とヘ音記号混じってて分かりにくいですね@@;」







せりせ。「じゃあ記号が変わる所にマル書きますね( ..)φ」











m(`へ´)m










Cさん「うっ!飛んでる音が分かりませんm(`へ´;m





2010_1015e0007.jpg








せりせ。「あー加線が多くて分かりにくいですよね・・2本目の線がドだから・・」









Cさん「ドミソ・・ソですね^^;」









せりせ。「そうです^^」
(ダジャレかーー;)








Cさん「・・ぱっとみて分からないです(。。)」










せりせ。「じゃあ音書いておきますね( ..)φ」
















Cさん「うっ!ここも飛んでる音が分かりませんm(`へ´;m



2010_1015e0006.jpg










せりせ。「あー加線が多くて分かりにくいですよね・・2本目の線がドだから・・」









Cさん「ドミソ・・ラですね^^;」











せりせ。「そうです^^」
(ダジャレ使えないーー;)












Cさん「・・でもぱっとみて分からないです(。。)」










せりせ。「じゃあ音書いておきますね( ..)φ」














せりせ。「ではもう一回最初から弾いてみましょう!」






m(`へ´)m





Cさん「うっ!これ分かりませんm(`へ´;m




2010_1015e0006.jpg






??カナ振ったのに??











せりせ。「ラって書いてありますけど」










Cさん「ラでしたか・・シにも見えたので^^;」








字が汚くて







すみません・・・







壁 |д・)









生徒さんに分かる字を書いてほしいぴあののせんせいに





ペン習字習いに行こうかな・・グスス





いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif








<今日のその後>




書きなおすとしても





カタカナも汚いけどひらがなも汚いし
(どんな悪筆やーー;)






・・・



そうだ!Cさんには前に英語の音名教えてたし
楽典 理論と実習
も買ってもらってドイツ音名も教えてます)









ここは音名の練習も兼ねて英語で書こうっと









せりせ。「じゃあAって書いておきますね( ..)φ」












Cさん「・・・・あの・・」








せりせ。「ハイ?」









Cさん「Aってなんでしたっけ?^^;」




・・・・








前に英語の音名教えてたんですが

楽典 理論と実習
も買ってもらってドイツ音名も教えてます)







壁 |д・)




大人の生徒さんに分かりやすいレッスンをしてほしいぴあののせんせいに



だから前に教えてるんです・・グスス







いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif



コメント
この記事へのコメント
わかります~
音がとんでいるとぱっと見てわからないのですよね。

歌曲の伴奏には音名を書きまくっています(笑)。
ノクターンは20番に入ったのですが
昨日小さい音符のところの
音名を全部書きました(笑)。
2010/10/16(Sat) 10:25 | URL  | 怜子 #-[ 編集]
怜子さん
>わかります~
>音がとんでいるとぱっと見てわからないのですよね。


そうですよね~~。
あとCさんの場合はその調の主要3和音以外に弱いようです(Cさんの場合?v-14

>歌曲の伴奏には音名を書きまくっています(笑)。
>ノクターンは20番に入ったのですが
昨日小さい音符のところの
音名を全部書きました(笑)。

ノクターン20番嬰ハ短調「遺作」ですよね・・最後の方の音階が虫眼鏡で見ないと分からないほど細かくて一杯あるあれですよね・・
音源はここにhttp://hattorikunpiano.blog73.fc2.com/blog-entry-392.html#more

私は読める字を書く方が大変なので(涙)
音を音源聴いて覚えて、指使いだけ楽譜でチェックして覚えました(これはこれで問題ありーー;)
2010/10/17(Sun) 09:38 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
『楽典理論と実習』大活躍ですね^^
以前、ご報告したかもしれないんですが…
(スミマセン物忘れが激しいお年頃なので)
せりせ。さんにも薦められ、先生にも薦められ、『楽典~』を買うことにした、我が家。
一生に一度あるかないかのグッドタイミングで、夫がブッ○オフで見つけてきました!!^^;
版も古くないし、きれいだし♪
楽典の勉強に挫折したどなたかが、ブ○クオフで売ったんでしょうか…
とっても便利なブックオフにいっぴょ~^^

で、私は何故下↓でお礼を言われているのでしょう??
(あ、私に言った訳ではナイ?のかな??^^;)
2010/10/18(Mon) 11:53 | URL  | TT #62v6H59g[ 編集]
音源をありがとうございました。
美しい音で心が洗われました。

ハノンのおかげでピアノが弾けます。
以前はレッスンの前の日だけ練習していましたが今はハノンを弾くことから始めます。

絶対音感があると聞いただけで弾けるので
うらやましいです。
2010/10/18(Mon) 20:05 | URL  | 怜子 #-[ 編集]
TTさん
>『楽典理論と実習』大活躍ですね^^

ハイ!これはいい本ですよ~♪

>以前、ご報告したかもしれないんですが…
(スミマセン物忘れが激しいお年頃なので)
>せりせ。さんにも薦められ、先生にも薦められ、『楽典~』を買うことにした、我が家。
一生に一度あるかないかのグッドタイミングで、夫がブッ○オフで見つけてきました!!^^;

えっ!そんなことがあったのですか!?(スミマセン物忘れが激しいお年頃なので)
それは凄いですね^^


>楽典の勉強に挫折したどなたかが、ブ○クオフで売ったんでしょうか…

版が綺麗ということは勉強に使ったとも思えないですが(綺麗に使う人もいるかも)
もしや生徒さん用に買ったら、生徒さんが自分で買ってきて要らなくなって、仕方なくブックオフに売ったぴあののせんせいがいらしたのでしょうか・・・(。。)


>で、私は何故下↓でお礼を言われているのでしょう??
>(あ、私に言った訳ではナイ?のかな??^^;)

加線とツェルニーでネタを思い出したのでお礼を言ったのです♪
もちろんTTさんもですよ^^

2010/10/19(Tue) 08:35 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
怜子さん
>音源をありがとうございました。
>美しい音で心が洗われました。

いえいえ昔の記事をコピペしただけなんですけど^^;
今録音機材壊れて録音できないので昔の記事を探しました・・(手抜きの言いわけ?)

>ハノンのおかげでピアノが弾けます。
>以前はレッスンの前の日だけ練習していましたが今はハノンを弾くことから始めます。

ハノンは大事ですよね!
前に書いてたかもしれませんが、有名なピアニストさんでも、毎日ハノンを一通り弾いてから曲の練習に入るそうです。

>絶対音感があると聞いただけで弾けるので
うらやましいです。

あのあの・・音が分かるだけで”弾ける”わけではありません(あっ!しまったv-14
聴いただけで弾けるようになるには、やはりテクニックを身につけることが大事です!
地道に訓練を続けましょう(●`へ´)/
(自分に言い聞かせるの図?)
2010/10/19(Tue) 08:46 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック