主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
病院コンサート2010(その7)
2010年08月17日 (火) | 編集 |
えー普段はぴあののせんせいをしているせりせ。ですが
(3食昼寝付き主婦じゃーー;)






時々お箏の先生と無償で出稼ぎに行くことがあります。
(稼ぎ?)




今年も病院でコンサートすることになりましたが








いよいよ本番当日の話です


(一つの話題でどこまで引っ張るーー;)








(((^^;



それは●●前のこと






ブログを書き
(こんな日まで更新するって・・)








急いで病院に行くせりせ。
(その前に美容院に行ったようなーー;)









あっ!お箏の先生もう来てる^^;








せりせ。「遅くなってすみません!今日はよろしくお願いしますっ!」









看護師さん「こちらこそよろしくお願いします^^」









せりせ「これがプログラムで、これが歌詞カード。コピーお願いします!!それとホワイトボードに“うみ”の歌詞の紙とアートバルーンを貼って、」








看護師さんたち「ハイ@@;」




こき使ってすみませんね^^;





せりせ。「あと、ピアノをここまで移動してください、キーボードはここ、お箏はここに置きますから延長コードと譜面台と椅子を!」











看護師さんたち「ハイ@@;」



こき使ってすみませんね^^;










せりせ。「残った風船はらせん階段とか譜面台に適当に飾って下さい!」










看護師さんたち「ハイ@@;」



こき使ってすみませんね^^;










その間お箏のセッティングと調弦をするお箏の先生


手伝わなくてすみません^^;







せりせ。「じゃあちょっと春の海練習しましょうか!その間に●●さんに着替えてもらいましょうか?」
(●●さんはお箏のお弟子さん“春の海”は弾きません)








お箏の先生「ハイ^^」













せりせ。「じゃあ着付けの先生と●●さんを控室に案内お願いします!」












看護師さんたち「ハイ@@;」






こき使ってすみませんね^^;











そしてリハを終え着替えに行くせりせ。とお箏の先生











本番まであと15分しかない@@;











着付けの先生「誰から着ます?」












お箏の先生「せりせ。さんに先に着せてあげて^^」










そしてせりせ。が着せてもらってる間に、自分で簡単に着るお箏の先生








帯は流石に着付けの先生が締めてましたけど










着付けの先生連れてきて下さったのはお箏の先生なのにすみません~~。











本番5分前!!










お箏の先生「“ふるさと”ちょっと練習しない?」








そういえば3人で合わせたことなかったし








せりせ。「ハイ!!」









本番2分前@@;









看護師さん「そろそろいいですか?^^;」








せりせ。「ハイ^^;」







あっ!始まる前にブログ用に写真撮ろうと思ったけど間に合わない@@;
(こんな時もブログかーー;)










と、言うわけで今日の記事には写真はありませんが(。。)










いよいよ本番です。
(いいから早く書け!!)









せりせ。「みなさんこんにちは!この病院でコンサートすることになって今年で10年ですが、きっかけは私の母が癌で入院しておりました・・中略・・今日は母の病気をきっかけに勉強し始めた音楽療法も取りいれて、お盆休み中でも病気でお家に帰れない患者さんやご家族の皆様に、ピアノやお箏やシンセサイザーで少しでも楽しんでいただこうと思います。^^」









患者さん(^^)(^^)(^^)









せりせ。「ではまずピアノで浜辺の歌と、崖の上のポニョを弾きます」







m(^^)m~♪








患者さん(^^)(^^)(^^)








子供さんが結構いらっしゃるのでポニョが受けたヾ(@°▽°@)ノ










せりせ。「次はお箏の名曲“春の海”を弾きます。この曲はなんと先ほど弾いたポニョと同じ、瀬戸内海の鞆の浦が舞台だそうです。」








患者さんたち「へ~(゜-゜) (゜-゜)」









これも受けたヾ(@°▽°@)ノ





せりせ。「次は“千鳥幻想曲”です。先ほどの春の海はかもめが飛ぶ様を表したそうですがこんどは千鳥。どんな曲か楽しみですね^^」

(自分も聞いたことないんかーー;)







お箏のテクニックを駆使してていい曲^^






患者さん(^^)(^^)(^^)










これも受けたヾ(@°▽°@)ノ







せりせ。「次はこきりこ、ほたる、ふるさとを弾きます。歌詞カードをお配りしますので、ご存じの方は一緒にうたって下さい」








患者さん(^0^)(^0^)(^0^)









これも受けたヾ(@°▽°@)ノ









せりせ。「次は音楽療法で手を使って“うみ”を歌いましょう」








( ´`) 艸( ´`) 艸( ´`) 艸








手に包帯巻いてる患者さんも一生懸命して下さってる(T0T)









感動した~~。










せりせ。「最後の曲は“見上げてごらん夜の星を”です。この曲の歌詞に“小さな星の小さな光がささやかな幸せを祈ってる”とありますが、私たちも小さな存在ではありますが、皆様方の幸せを願いながら演奏したいと思います。」








患者さん(^^)(^^)(^^)









看護師さん「みなさん本当に楽しかったですね^^
せりせ。さんたち今日はどうもありがとうございました!!

もう一度大きな拍手をお願いします^^」






患者さん パチパチパチ(^^)艸(^^)艸








というわけで何とかコンサートを終えたせりせ。に




拍手代わりの



いっぴょ~お願いします20060825130233.gifbanner_02.gif






<今日のその後>



看護師さん「今日は本当にありがとうございました。^^」







せりせ。「イエイエこちらこそ^^」






看護師さん「さっき新聞社が取材にきてましたので明日の新聞に載るとおもいます。^^」










・・新聞はちょっとトラウマが^^;
(過去記事参照)







でもオチにはなるしいっか(そこか!)






次の日






どれどれ載ってるかな?





おお?小さい記事だけど






今年は記事もまともだし、自分も写真に写ってるヾ(@°▽°@)ノ


kiji 001m






ってことは






オチないですね(。。)
(そこか!)




というわけでオチない記事ですけど







このところランキングオチてますので(グスス)






いっぴょ~お願いします20060825130233.gifbanner_02.gif



コメント
この記事へのコメント
大成功!^^
よかったですね~^^

パチパチパチ^^  

様子が手にとるように伝わって 感動しました^^ (相変わらず表現力がすばらしいですね!)

ところで。。

あんなちっこい[証拠写真w] なにも、おめめを黒く塗りつぶさなくても。。。うふふ^^w

2010/08/17(Tue) 10:37 | URL  | かくみ #-[ 編集]
かくみさん
>大成功!^^
>よかったですね~^^

ありがとうございます^^
1時間くらいでしたが、お見まいに来たらしい小さなお子さんたちもずっと楽しんで聴いててくれましたし、当日このコンサートを聴いて下さった方が、”肩に力を入れなくていい、そして和やかな、これこそ病院にいなくてはいけない患者さんにはこれ以上ない「ヒーリングコンサート」だった”と仰っていたと知人を通じて聞きました。
いわゆる”名曲コンサート”ではなく”いっしょに楽しむ”を心がけて考えたので、こちらも本当に嬉しかったです^^

>ところで。。
>あんなちっこい[証拠写真w] なにも、おめめを黒く塗りつぶさなくても。。。うふふ^^w

写真をクリックすると大きくなると思って^^;
恥ずかしがり屋なんです~♪(本当かーー;)
2010/08/18(Wed) 08:17 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
ありがとうございます。
読んでいるこちらも楽しかったです。
以前言っていたフルートコンサートに行ったのですが、日本の夏の歌はいいなあと改めて思いました。
聞かれた皆さんも楽しかったことでしょう。

ぽにょの作曲者は現代音楽を作曲していたのですが
あまりにうけなくて(笑)議論ばかりしていたそうです。
音楽は議論ではなくて聴かせるものだと思った時にジブリの話が来たそうです。
そのなかでもポニョは天から降りてきたとか(笑)。

2010/08/18(Wed) 10:59 | URL  | 怜子 #-[ 編集]
ト音記号クラブと言うのですか?
NHKにあるハゲタカで鷲津役の大森さんも弾いていた G.SCLUSSEL のマークつきのピアノをぜひ弾かなくては。 綴りはCの後ろのHが足りないけれど。
2010/08/18(Wed) 16:49 | URL  | ししりえんぬ  #C82T9BxA[ 編集]
怜子さん
>ありがとうございます。
>読んでいるこちらも楽しかったです。
>以前言っていたフルートコンサートに行ったのですが、日本の夏の歌はいいなあと改めて思いました。
>聞かれた皆さんも楽しかったことでしょう。

こちらこそ!企画中の段階から色々ためになるコメントありがとうございました。(春の海とポニョの縁とか)お陰様で楽しんでいただけましたよ^^


>ぽにょの作曲者は現代音楽を作曲していたのですが
>あまりにうけなくて(笑)議論ばかりしていたそうです。
>音楽は議論ではなくて聴かせるものだと思った時にジブリの話が来たそうです。

考え方が変わったら運命の転機が訪れたわけですね!運命って不思議だなと思います。

>そのなかでもポニョは天から降りてきたとか(笑)。

耳に付いて離れない名曲が天から降ってくるってモーツアルトみたいですね^^

・・実はまたコンサートあるんですよ
アイディアが天から降ってこないかなぁ(゜人゜)

2010/08/19(Thu) 09:09 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
ししりえんぬさん
>ト音記号クラブと言うのですか?

はい!いろんな楽器のメンバーが居るのですが”楽譜の最初に書いてあるマーク”で”音楽はここから始まる”と言う意味で付けました。(ヘ音記号は?それにお箏は五線じゃないですけどーー;)

>NHKにあるハゲタカで鷲津役の大森さんも弾いていた G.SCLUSSEL のマークつきのピアノをぜひ弾かなくては。 綴りはCの後ろのHが足りないけれど。

NHKはメーカー名yブランド名を出しちゃいけないから、実在しない名前にしたのでしょうかね^^;
(Hが抜けてるのもそのせい?)
ところで先日”歴史ヒストリア”で山葉寅楠の話をやってましたがhttp://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/53.html
これってメーカー名そのものじゃ^^;
2010/08/19(Thu) 09:26 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
山葉寅楠さんは和歌山の出身ですが、博物学者として有名な南方熊楠(みなかたくまくす)さんも和歌山の人ですね。

楠と付く人は和歌山には多かったのでしょうか。
確かに十五社(じごせ)の大楠や粉河寺の大楠とか和歌山には楠の大木が多いですが。

しかし寅楠とか熊楠とか強そうな名前ですね。

ところで台湾に行くとオートバイの後ろに山葉と漢字で書いてあって、向こうの人はサンヤンと読んでいます。

キンキキッズのCDには近畿小子と書いていました。たぶん勝手に向こう風に読んでいるのでしょう。
2010/08/19(Thu) 12:04 | URL  | ししりえんぬ  #C82T9BxA[ 編集]
ししりえんぬさん
>山葉寅楠さんは和歌山の出身ですが、博物学者として有名な南方熊楠(みなかたくまくす)さんも和歌山の人ですね。

へーそんな方もいらっしゃるのですか!
勉強になりました( ..)φメモメモメモ

>楠と付く人は和歌山には多かったのでしょうか。
>確かに十五社(じごせ)の大楠や粉河寺の大楠とか和歌山には楠の大木が多いですが。

降水量が多いのも関係してるのでしょうか?
何かで読んだのですが大木とか巨木(どう違う?)のあるところは”パワースポット”らしいです。和歌山も一回行ってみたいものです^^

>しかし寅楠とか熊楠とか強そうな名前ですね。

寅とか熊が付くと確かに強そうですね!!
(フーテンの寅さんとか熊のプーさんも?)

>ところで台湾に行くとオートバイの後ろに山葉と漢字で書いてあって、向こうの人はサンヤンと読んでいます。

へーそうなのですか!( ..)φメモメモメモ
ピアノはどうでしたか?

>キンキキッズのCDには近畿小子と書いていました。たぶん勝手に向こう風に読んでいるのでしょう。

へー面白いですね^^;
(SMAPとかはどうなるんだろ??)
2010/08/20(Fri) 09:04 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック