主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
金運を高める(不用品編その2)
2010年05月28日 (金) | 編集 |
えー



不用品を処分して
(管理の悪いーー;)





藁しべ長者状態になったせりせ。ですが
(気前のいい●ちゃんにいっぴょ~?)







そういえば前にも







・・壁 |д・)



それは●●前のこと







無料体験レッスンにやってきた生徒さんが









せりせ。のキーボードを借りたまま








長期お休みに入って数年経過


(長期お休み?)


詳しくはこちら













まあキーボードは貸出し以外にほとんど使ってなかったし





不用品を引き取ってもらったと思えばいいや(。。)
本当かーー;











電話ヘルヘル~










あっ!某楽器店のDさんからだ







何かあったのかな??










Dさん「先生こんにちは、今いいですか?」





せりせ。「ハイ!」














Dさん「先生シンセサイザーに興味ありますか?」











せりせ。「うーん機械関係は弱いですけど・・オルガンの資格はまだ持ってます」
(箪笥の肥やしと化した国産車一台買えるくらいのオルガンも持ってますーー;)










Dさん「コル●のシンセでハードケース付いてるの要りませんか?」











せりせ。「ハードケース付いてたら持ち運びも便利だし、病院とかでも使えるしいいと思いますが・・・


(恐る恐る)いくらですか?」




(コ●グのシンセって結構いい値段するし、ハードケースも付いてるとなると・・)












Dさん「古い型だしお客さんがくれたので、

タダでいいです^^










らっき~ヾ(@°▽°@)ノ










というわけで





不用品を処分して藁しべ長者になったせりせ。に
(処分した?)




いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif








<今日のその後>




数年後








そろそろ病院コンサートの時期だし









久しぶりにシンセを引っ張り出して

(ずいぶん久しぶりなようなーー;)






尺八の音を作ってみるかな
(春の海の練習って・・そこからかーー;)










・・・あれ?







尺八の音ってどうやれば


#$%&@@;
(悪戦苦闘中の図)






またまた不用品が出来てしまったせりせ。に
(使いこなせなければただの不用品ーー;)








・・壁 |д・)


いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif




コメント
この記事へのコメント
せりせ。さんのおかげで運が向いてきたのか
クイズで図書券が当たりました。ありがとうございます。

ちゃんとしたシンセは扱いが大変なのですね~
実は私はキーボ君なのです。
ピアノは違うところにあるので普段の練習はキーボードでやっています。
安物なので尺八の音も簡単に出せます(笑)。
2010/05/28(Fri) 18:09 | URL  | 怜子 #-[ 編集]
怜子 さん
>せりせ。さんのおかげで運が向いてきたのか
>クイズで図書券が当たりました。ありがとうございます。


おおおお凄いです!!
で、どれが一番効果ありましたか!?
(玄関方向が違うとトイレや西方向に云々は参考にならないし・・不用品処分?それともお笑いブログで”笑う門には福来る?v-14

>ちゃんとしたシンセは扱いが大変なのですね~

ハイ・・・
一応説明書はあるのですが字が小さくてよめませ(。。)\(`へ´)
何とか見つけた”ボイスリスト”なるものを見てもフルート系だけで大量に・・それに変化を付けて尺八らしく聴こえるのにするには@@;

>実は私はキーボ君なのです。

キーボ君といえばこの春めでたく娘。と同じ高校にお入学・・・時々見かけます(見かけるだけ?)

>ピアノは違うところにあるので普段の練習はキーボードでやっています。

ピアノ専用部屋が別棟か遥か彼方にある”大邸宅”なのですね!!羨ましい~♪

>安物なので尺八の音も簡単に出せます(笑)。

キーボ欲しい・・
誰かくれませんか~~。
(キーボを笑うものはキーボに泣くの図)
2010/05/29(Sat) 10:00 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック