主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
放置した話  |д・)
2007年11月22日 (木) | 編集 |
さて、

園芸も趣味のせりせ。ですが





・・・放置した鉢植えがたまたま咲くだけ?



めめ滅相も無い


それが証拠に






シンビジュームさんなんかは


夏の間放置してたのに(やっぱ放置かーー;)

花芽もちゃんと付いてます^^
F1000133.jpg



それに

天気予報に雪マークが付くと

シンビジュームは

ちゃんと家の中に入れます(●`へ´)/





F1000136.jpg


ところで他の鉢は?放置ですかぁ?




・・・壁|.-)




それは今朝のこと(話題を無理やりカエルの図)




朝なのに何か暗いので外を見ると

あっ!


F1000148.jpg



とうとう降りましたね・・・

F1000143.jpg




シンビジュームさん




家の中に入れておいてよかったわ~^^



もしもし?他は放置?




・・・壁|.-)




放置園芸家のせりせ。に


ぽちっと応援20060825130233.gifbanner_02.gif



<今日のオチ>


さーて雪降って寒いけど




家でする仕事でよかったわ^^;




今日は仕事ないし一日引き篭もってよ~っと

(。。)\(`へ´)















・・・・と、そこに忍び寄る怪しい影


くく曲者@@;





娘。「雪降ったしがっこ送ってって~






・・・ 壁 |д・)
20060825130233.gifbanner_02.gif





コメント
この記事へのコメント
お~降りましたね!
こちらも、結構降っております!
植物にひいきは良くないですね~
みなさん、公平にしてあげなくちゃ
我が家は、ちゃんと全部家の中。
・・・って最初から屋内観葉植物しかないですけどぉ~v-389
2007/11/22(Thu) 22:56 | URL  | もりりん #-[ 編集]
もりりんさん
・・・そっちは流石本場(何の?)すごいですねv-12
このくらいだと「雪って綺麗~」とかなんとかのんきなことも言えるのですが・・11月からこれだと後が怖いですねーー;
羽衣ジャスミンとかマンデビラ、バラ、カーネーション、ダリア(まだ咲いてる)なんかは鉢の底から根が出て地面に根付いたのでやむなく放置・・・
春が楽しみです・・(涙)
そっちはオクナイしかオケナイのですね(。。)\(`へ´)
家の中がおしゃれになってそれも楽しみかも^^
2007/11/23(Fri) 09:33 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
ジャガイモから芽が出ているのを見つけると、その部分を切り取ってお皿に入れて水を入れておくと、ちょろっと葉っぱが出てきて、結構可愛らしいです。
最近では私の園芸(園ではないが)はこれだけです。
昔はパイナップルも上の葉っぱ(へたかな)の部分を丸ごと挿し木(?)して、これを初夏にすると、秋までにずいぶん葉が伸びるのですが冬には枯れると言うのを繰り返したこともあります。
一応家に入れるのだけれどやっぱり熱帯の植物は奈良ではだめなんでしょうか?

アボガドの種を路地植えしたときは2、3年は冬に一度葉が散っても(本来は常緑)、それなりにまた葉が出てきたけれど、場所を移したら枯れました。

庭には月桂樹がずいぶん大きくなって邪魔なのだけれど、この木と一緒に仕事も伸びたので切ると縁起が悪いような気がしてそのままです。

香辛料のベイリーフとして使うのは一枚か二枚だし。
2007/11/27(Tue) 11:20 | URL  | ししりえんぬ #C82T9BxA[ 編集]
ししりえんぬさん
ジャガイモは庭に埋めたらまた芽が出て花が咲いてちゃんと芋も出来ましたよ(勝った!)
パイナップルはこの頃ミニ観葉植物で鉢が売られていますね。もっとも実は松ぼっくりくらいの大きさですが
こちらでは庭に放置した羽衣ジャスミン(熱帯植物?)はちゃんと翌年も咲きます
奈良は冬でも結構暖かいように思いますが、夜は発泡スチロールの箱に入れて部屋の中央に置くと冬越し出来たのでは(趣味園Q&A?)

月桂樹で仕事も伸びたのですか!!
植えようかな(どす黒いオーラがーー;)

葉っぱの利用法?
月桂冠にすればいいのです(^¬^)
(酒かーー;)
2007/11/27(Tue) 13:00 | URL  | せりせ。 #ID9gmbWk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック