主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
市民音楽祭&ペダルの話?
2006年11月07日 (火) | 編集 |
11月5日は「市民音楽祭」の日

「宇宙科学博物館大ホール」で箏や吹奏楽やピアノソロの演奏会がありました
2号は「○○中学吹奏楽部」で出演

(今度こそいい席GETするぜ~~~)

しなくていいぞ~


あれ?これは?
20061106223226.jpg


UFOの内部ですっ
あっ!マイセン!20061106223706.jpg
20061106223649.jpg


なんとウチュウジンは「マイセン」でお茶を飲むの@@
!


最初の写真は宇宙科学博物館の屋根裏。
マイセンは地元出身の方が寄付した展示物です

あっ!寄り道してたら、ピアノソロ見逃しちゃった(T0T)

まあいいか、ピアノソロは何年か前に見たんですが(。。)


かかとを上げてペダルを踏む中学生にびっくり@@;
(これ以上は書けません察してください。。って書いてらぁ)





ところで吹奏学部はどうなった?

あっ!2号のやつ(ひな壇上から2段目右端)

楽譜たてしか見えませんヨゥ(T0T)

20061106222219.jpg

またまた撮影失敗の3号に

おうえんぽちっ(T0T)20060825130233.gifFC2ブログランキング

<今日のワンポイント講座>

前にも書きましたが
ダンパーペダル(右ペダル)の説明はこちら



ペダルを踏む時1番大事なのは(。。)

かかとをつけることですっ!

(。。)\(`へ´)




お子さんなんかでペダルを踏む時かかとが上がるのは
つま先で踏もうとするっていうのもありますが、
(つま先ではなく親指の付け根の部分で踏んでください)

「ぐっと力を入れないと踏めない」のも原因のひとつです

補助ペダルでも踏む力の入れ具合はかわりません
それに、ピアノに近寄って座らなければいけないのも難点です。
そんな方には「アシストペダル」なんかおすすめですね
体格が大きくなって、補助ペダルはいらないけれど微妙に届かない
あるいは大人で、ペダルのアソビが少なくって、半ペダルがやりにくいかたにもお勧めします^^詳しくはこちら→アシストペダル
一寸補足>アシストペダルの1番高い高さは、従来の足台(ペダル無し)の1番低いたかさと同じです。
アシストスツール(台の方)の代わりに手持ちの足台とアシストペダルの併用。この使い方も足元が安定してお勧めです。スタインウエイに装着するときはスタインウエイのペダルは少し小さいのでしっかりねじを締めましょう



ペダルについてはまだまだ薀蓄ありますが、もっと詳しく知りたい方は。。

これを購入してくださいっ!

(。。)\(`へ´)


堀江真理子ペダルテクニック基礎編DVD

堀江真理子ペダルテクニック基礎編

堀江真理子ペダルテクニック応用編

ためにならなくってもおうえんぽちっ(T0T)20060825130233.gifFC2ブログランキング
コメント
この記事へのコメント
マイセン?
おはようございます~。
宇宙科学博物館大ホールになぜマイセン?
なかなか面白いですね~。
2号ちゃん、やはりユーフォだと席は後ろの方なんですかね。。
クラリネットとかフルートは前なんですよね~。
ペダル、大きい子でもかかとあげて踏んじゃう子っているんですか?さすがに大人はいませんよね・・・?
うちは何度かペダル踏む曲がありましたが、補助ペダルつけると重くて踏めず先生が踏んでくれてました・・・。
グランドピアノのペダルも重いんですよねぇ。。
2006/11/07(Tue) 09:43 | URL  | ミントティー #-[ 編集]
初ペダルを今練習中なんで
参考になりました~。
親指の付け根部分で踏むんですね。
それにしてもかかとをあげたまま
ピアノを弾く中学生、ある意味器用ですよね~。
私なんかかかとあげてたら、速攻足つります。
若さの違いなんでしょうか(^^;)

宇宙博物館にマイセン、不思議な感じです~。

2006/11/07(Tue) 10:46 | URL  | りおん #-[ 編集]
マイセンだとかいわゆるボーンチャイナは普通の瀬戸物に比べてずいぶん軽いから案外、宇宙向きかも(笑)。
いやプラスチックには負けます。
実はあまりこの方面には興味はないのですが、昔友人のところでこういうボーンチャイナを手に持って軽いので驚いた事がありました。(値段にも)
半分は牛の骨で出来ていると聞いてそれも驚いたけれど、今なら狂牛病は大丈夫って心配したかな?
(本当は牛の骨と言っても牛骨粉ではなくて牛の骨の灰だから大丈夫です)

譜面台は客席と反対の方に置くように打ち合わせなければいけないですね。
吹奏楽だと音が大きくなった時に撮れば大丈夫かもしれないけれど、携帯は盗撮防止の大きい音が鳴るので場所によっては気をつけないといけないのが難点ですね。
2006/11/07(Tue) 11:12 | URL  | ししりえんぬ #C82T9BxA[ 編集]
ミントティーさん^^
>宇宙科学博物館大ホールになぜマイセン?
図書館の前の通路に飾ってあるんですけどね
地元出身の方が自分のコレクションを自分だけ楽しむのではなく多くの人に見て欲しいと寄付されたんですね。宇宙科学博物館は、多目的複合施設で多数の人間が出入りするということで、ここに飾ることになったわけです。
>2号ちゃん、やはりユーフォだと席は後ろの方なんですかね。。
ひな壇に乗ってるから見えるんですけど、3号の姿を発見!急遽「譜面台を高くして顔隠した」のですーー;
>大きい子でもかかとあげて踏んじゃう子っているんですか
合同発表会の悲劇でもちょっとふれましたが
井の中の蛙がいるのですーー;
ペダル重いときに「アシストペダル」いいですよ^^
(テコの原理)
2006/11/07(Tue) 12:36 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
りおんさん^^
>親指の付け根部分で踏むんですね
う~んと、指ではなく土踏まずに近いところに大きい骨ありますね?あのへんです(文章で説明むずかしいーー;)
かかとをささえにしてふんでください(当たり前か^^;)
中学生。。若いというかなんというか
センセイの責任ですねーー;(気をつけようっと)

>宇宙博物館にマイセン、不思議な感じです~。
展示スペースがあって人が沢山来る場所ってことでここに展示したんですよ
宇宙と関連はありません(たぶん^^;)
2006/11/07(Tue) 12:43 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
ししりえんぬさま^^
>マイセンだとかいわゆるボーンチャイナは普通の瀬戸物に比べてずいぶん軽いから案外、宇宙向きかも(笑)。

おおっ!そういう関連付けもありぃ?(。。)?

>実はあまりこの方面には興味はないのですが
いえいえ「ブルーオニオン」と似た色合いの「ボーンチャイナ」が出るあたり流石です^^

>半分は牛の骨で出来ていると聞いてそれも驚いたけれど

えっ@@そうなんですか(単に磁器の色合いが乳白色で骨に似てるからかとおもってました)
いやいや勉強になりました@@;

>携帯は盗撮防止の大きい音が鳴るので場所によっては気をつけないといけないのが難点ですね。
あっ!分かっちゃいましたかーー;
実は顰蹙をかってしまいましたあ(デジカメは動画撮影中だったので携帯でーー;でも画素数すくないから拡大してもなんだかわからないですね
ブログにはちょうどいいけど(^^;
2006/11/07(Tue) 12:50 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
マイセンうちに寄付してi-233
高くて買う勇気がございません。
「市民音楽祭」いいですね~
2号ちゃんもいろいろ、忙しいんだね!
頑張ってe-271
ペダル!足が小さいから??
ペダルを踏むとかかとがあがっちゃって!
横で「足、足、足、足」とうるさいくらいに言ったんで
最近はきちんと踏めるようになりました。
でも普段の練習では、ペダル使ってないので、まだまだ
素人さんですがe-263
2006/11/07(Tue) 14:56 | URL  | ちょちゅね #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/07(Tue) 19:48 |   |  #[ 編集]
ちょちゅねさん
ウチも欲しいです(ちょこっといただきましたけど^^;)
2号のおかげで3連休休み無しでした(T0T)
めずらしくだんなも3連休だったのにまったくーー;
足が小さいんですかねえ(中学生なのに@@)
キチキチちゃんはまだまだペダル以外の勉強があるから。。参考までに見てくださいね^^;


2006/11/07(Tue) 20:08 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
匿名さん
いつもありがとうございます(^^)V
2006/11/07(Tue) 20:09 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/07(Tue) 21:56 |   |  #[ 編集]
匿名さん^^
うれしいですv-398
ぷっしゅぷっしゅv-16
2006/11/07(Tue) 22:09 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
私はピアノを弾いたことがないので、
ペダルのこととかはよくわかりませんが、
なんだかそれはとってもいけないことなんですね。勉強になりました^^
PTAに娘さんの演奏会にお忙いhattorikun3号
さんに応援ぽち
やっぱり音楽の血をひいているんですね^^
2006/11/07(Tue) 22:50 | URL  | 鈴木キママ #-[ 編集]
キママさん^^
応援ありがとうございます
本人ただいまアニメのサイト見ながら「お絵かき中」です
最初美術部に入ると言ってたのに、面子みて決めるんですよ~~;
音楽の血あるんですかねーー;

あっ!マイセンの「アラビアンナイト」の絵(焼き物)もあったんですよ~キママさんに見せたかったぁ
そのうちUPしますね^^
2006/11/07(Tue) 23:01 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
俺がすると、手と足が同時に動くなんて無理なのでてんやわんやになりそうですw
ペダルどうこうの前に話になりませんね。
2006/11/07(Tue) 23:12 | URL  | しゅんぺ~ #-[ 編集]
あっ!しゅんぺ~さん
いっいま「テンプレート変えようとてんやわんや」してましたあ
3号のブログの実力は話になりませんーー;
結局最初にもどっちゃったあ
また色々おしえてくださいねっ!(^0^)!
2006/11/07(Tue) 23:21 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
テンプレートは自分が一番気に入ったものを探せたらいいですよね^^
俺もそこまで詳しくないから、しょぼしょぼですよ~w
2006/11/07(Tue) 23:58 | URL  | しゅんぺ~ #-[ 編集]
>あっ!マイセン

えっ?何処っ?
ないですよ。
あっ、マイルドセブン(たばこ)じゃないんですね。
本当にそう思った自分が情けない。(ToT)

また良い席に恵まれなかったんですね。
今度は徹夜してでも、
良い席が取れるように並んでください。
寄り道はダメですよ。ww
2006/11/08(Wed) 01:05 | URL  | やっち #AkT6zNNU[ 編集]
しゅんぺ~さんの
ブログっていつもたのしいペットとかゲームとか
昨日のぞいたら「やきいも焼いてる天使のカップルが^^」季節感もあってかわいいし^^
う~んブログのタイトルのところにどうやって入れるの~~すごいっ@@;
2006/11/08(Wed) 07:16 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
やっちさん^^
マイルドセブンお好きなんですか

タバコはほどほどにしましょっ!(喫煙履歴で生命保険料違うんですよ←そんな問題?)
徹夜しますっ!
やっちさんの今井絵里子さん追っかけ?みならいますっ!←これも違うかーー;

2006/11/08(Wed) 07:20 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
えー 宇宙科学博物館にホールがあるんですか~~
コンサートも出来るんですね・・・それは凄い!!

マイセンまであるし・・・恐るべし「UFOの街」
2006/11/08(Wed) 07:38 | URL  | 悠羅 #-[ 編集]
悠羅さん^^
ここには900人収容の大ホール(ピアノはベーゼンドルファーインペリアル)多目的小ホール(ピアノはKAWAIええっとなんだっけーー;)
図書館や展示室、会議室、和室@@
なんでも出来ます
ぜひ1度いらしてくださいな^^
2006/11/08(Wed) 08:34 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
ひゃー!
昨日記事だけ読まして頂いて、腰が痛かったので
「明日コメントしよっと!」と怠けたら…既に殺到!v-12申し訳ない気もするけど…入れちゃおうっと!
 丁度補助ペダルのことで、悩んでいたので、すごく参考になりました。やっぱりペダリングを練習するには、アシストペダルの方が良さそうですね。
 ただ足台の一番低い高さが、アシストペダルの一番高い位置というのが気になります。土曜日K社の展示会があるので、実際弾かせてもらって確かめるつもりです。(^^)
 
2006/11/08(Wed) 08:43 | URL  | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]
竜巻・・・
ご心配いただき、ありがとうございました。こちらは道南方面なので、風邪は強いけど大丈夫ですv-218
ところで・・・hattorikunさんからコメントが届きましたのメールが来ましたが、実際に私のブログには反映されていないんです。
いま、調査中ですが・・わからない・・・・
お手隙のときで結構ですので、「あ」一文字でもよろしいのでまたコメント入れてみてくださ~いv-421
2006/11/08(Wed) 09:07 | URL  | もりりん #-[ 編集]
母たぬきさん^^;
。>足台の一番低い高さが、アシストペダルの一番高い位置
これは、手持ちの足台があるならばの話です
これ以下の低さでは「アシストスツール(専用足台)」がありますよ。
これからどんどん大きくなる子たぬきちゃんには
セット買いがお勧めです(持ち運ぶのにも便利、先生宅にも持っていけますよ^^)
2006/11/08(Wed) 09:09 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
もりりんさん
無事で良かったです。
今そっちにコメント書いてきました(今度はどうかな)
ところで「コメント届いたらメールが来る」
??どうすれば出来るんですか??
2006/11/08(Wed) 09:18 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
間違いでした(赤恥!)
それほど興味のない分野と断ってはいたけれど、マイセンもボーンチャイナとかとんでもない間違いを書いてしまっていました。(赤恥)
気になって調べてみたらマイセンは土なのですね。
マイセンはそれまで東洋の特産であった白磁を工業化したいというザクセン選帝侯アウグスト2世(アウグスト強王)の命令で19歳の錬金術師(!?)フリードリヒ・ベットガーが研究をして、結局カオリン(白陶土)と石膏の混合などの技法を確立して出来たのだそうです。

一方、英国ではカオリンが産出しないので、何とか代用品をと研究して骨灰を混ぜ込む事で代用する発明を行ったと言う事です。
だから、ボーンチャイナと言うのは英国だけだったのですね。

ちなみにウエッジウッドなどのファインボーンチャイナは50パーセント以上が骨灰だということです。

今まで、向こうの高級磁器は十把一絡げにみーんなボーンチャイナと思い込んでいたけれど、調べてみて色々わかってよかったです。
(すでに赤恥!)

しかし、英国と言うのはよっぽど牛を食べるのか例の牛骨粉による狂牛病騒動とか牛の骨の再利用には熱心ですね。
牛を食べると言えば、”ビーフイーター”というジンがあるけれど、これはロンドン塔の衛兵の事です。
2006/11/08(Wed) 10:34 | URL  | ししりえんぬ #C82T9BxA[ 編集]
ししりえんぬさま^^
恥だなんてとんでもないです
「ボーンチャイナ」=メーカー名だと思ってましたv-14

イギリスのメーカー品をなぜ名古屋でも作ってるのか??でしたが
これで謎がとけました
ありがとうございます^^;(赤っ恥は3号)

しかし、1つのことをここまで詳しく調べる根性
見習わなくては(今は昔ほど貧乏でなくなった秘訣がここらへんにあるんですねv-20

お茶を飲んでも「狂○病」はならないですよねーー;(あたりまえか)
2006/11/08(Wed) 12:50 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
こんにちは♪

UFOの内部を撮影できるなんて、
さすが、UFOの街に住んでいるhattorikun3号さん!(笑)

この写真を見て、
以前、円形校舎の学校に通っていたのを思い出しました!
その校舎は、内部の中心が円形のホールになっていて、
その外側がバームクーヘンを切ったような
扇形の教室だったんです。
今思えば、なかなか変わった校舎でした^^

ペダルと言えば…
ドラムの足は、逆に、かかとを上げて踏むことが多いのですが、
初め、知らなくて、ピアノの感覚で かかとをつけて踏んで
注意されちゃいました!(^-^;
2006/11/08(Wed) 16:40 | URL  | ナオミ #r13xZNus[ 編集]
ナオミさん^^
>内部の中心が円形のホールになっていて、
その外側がバームクーヘンを切ったような
扇形の教室だったんです。

そうそうここも中心の円形部分が小ホール
バームクーヘンが「図書館&事務所」です

大ホールは外付けカステラ(なんか食べ物のたとえばっかり^^;)

>ドラムの足は、逆に、かかとを上げて踏むことが多いのですが
へ~知らなかったですv-405
じゃあこの中学生も「♪おいっらはドラマー(古)」ですかねーー;
2006/11/08(Wed) 16:47 | URL  | hattorikun3号 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/14(Tue) 07:10 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/14(Tue) 08:00 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/14(Tue) 08:18 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/14(Tue) 13:48 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック