主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
覚えてね(その23)
2014年05月10日 (土) | 編集 |


えー普段は3食昼寝付き主婦のせりせ。ですが





内職もしています





内職とはいえそこはぷろふぇっしょなる(意味分かって書いてます?)




習いに来ているお子様たちの







理解度に合わせたレッスンをこころがけていますが















困|д・)




それは○○前のこと







おっとりしたAちゃんのその日2回目のレッスンにやってきました






なぜ2回も?





一回目のレッスン後の会話を↓読んでくださいーー;



一回目のレッスン後






A祖母「・・・あの・・Aちゃんが、いっぱい練習したのに先生が意地悪してまるくれなかったって言ってるんですけど^^;」







えええっ!!(゚Д゚)












弾けないから合格しなかったんであって







けっしていじわるしてるわけじゃ(。。;







・・・まてよ












せりせ。「じゃあこうしましょう!もう一回お稽古やり直します。その時にAちゃんがちゃんと弾けたらもちろん合格にします。ただし、おばあちゃんも見てていただけますか?^^;」








保護者が見てたら子供の言い分が正しいのかせりせ。が正しいのかわかるし^^;











A祖母「面倒なことを言ってすみません!じゃあよろしくおねがいします^^;」
















せりせ。「じゃあさっきの曲を弾いて^^;」







m(。・_・。)m~♪







やっぱ2つ伸びてないーー;







せりせ。「2分音符は2つ伸ばす音符でそれができないから○つかないって言いましたよねーー;」










A祖母「やっぱそうですよね・・・でも本人いっぱい練習してたんですけど^^;」










いっぱい練習したから○をくれってことですよね






せりせ。「たとえば算数で1+2=2と100回書いたから正解の○くださいって言いますか?」









Aちゃん&祖母(((((。・_・。)(^^;







せりせ。「このまま○つけても次にまた同じところで引っかかるし、だんだん難しくなって、例えば、足し算できないのに引き算掛け算割り算ならってもできますか?――;」










Aちゃん&祖母(((((。・_・。)(^^;











せりせ。「わかんないまま時間をかけるよりも、2つ伸ばすを注意しながら弾いたらすぐできるはず!」











Aちゃん&祖母はい(((((。・_・。)(^^;










せりせ。「じゃあ来週まで“2分音符は2つ伸ばす”だけを気を付けて練習してみてください」










Aちゃん&祖母はい(((((。・_・。)(^^;









次の週









A祖母「今回はちゃんと2つ伸ばすを気を付けて練習してました^^」









せりせ。「じゃあ弾いてください!」











m(。・_・。)m~♪








出来た!!ヾ(@°▽°@)ノヾ(@°▽°@)ノ









何とか2分音符を覚えたAちゃんに





何年もかかってますがーー;



いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif










<今日のその後>









せりせ。「よく頑張りましたね合格^^」









こくんm(。・_・。)











せりせ。「じゃあ次の曲を^^」










A祖母「あの・・・先生・・・お友達のBちゃん違う本使ってるみたいなんですけど^^;」











Bちゃんは“超特急カメ”さんで、後から習ったにもかかわらずAちゃんの次の教材を使ってるんです^^;













せりせ。「・・・・Bちゃんは・・・えっと・・・その本終わったので次の本を^^;」












A祖母「練習頑張るから同じ本ほしいっていうんですけど^^;」









・・・何年もかかって2分音符をやっと覚えたばかりなのに









8分音符や付点4分音符がいきなり出てくる教材は








困|д・)







何とか頑張ってほしいせりせ。に







次の教材はまだ無理って説得を頑張る?




いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif


コメント
この記事へのコメント
せりせ先生。はじめまして。
私もピアノ教室をしています。
こういう生徒さん、そして、自分の子どもに甘い親御さん…いますよね。
まあ、頑張ったんです~って気持ちわからなくもないんですが…
2回もレッスンお疲れ様です。なんて親切な先生…

せりせ先生の1+2…の説明はわかりやすいですね。音価の説明にはぴったり。他の内容でですが、私もよく、
「ほんとはこの漢字、赤(あか)と読むけど、似てるから(ピンク)でもいいでしょう。
て丸はもらえないでしょ。」という例を使ったりします。

やはり、間違いは間違い。ダメなものはダメ。という事は
しっかり伝えないといけないですよね。
お互いがんばりましょう~!(^^)!
2014/05/12(Mon) 21:01 | URL  | きりりん #-[ 編集]
きりりんせんせいはじめまして
そしてカキコミありがとうございます♪
本当一生懸命頑張ったことは評価してあげたいのですが、それとこれは別ですよね。
きりりん先生の、赤をピンクとは言わない例えも解りやすいです!!
ダメなものはダメが、結局は生徒さんの為になるということを、分かってもらえるようにこれからも頑張っていきましょう(*^-^*)
2014/05/13(Tue) 11:21 | URL  | せりせ。 #7fxip7Dk[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック