主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
レッスンの悲劇?(楽譜を読む?編その14)
2014年02月12日 (水) | 編集 |


えー普段は3食昼寝付き主婦のせりせ。ですが




ピアノ教室もしています。
(内職じゃーー;)







ブログではこのところお子様のぴあのの話題が多く
(ってかこのところぴあのの話題書いてないようなーー;)




お子様専門ぴあの教室と思われているようなので






今日は大人の生徒さんの話題を






書きたいと思います





・・・(・∀・)




ってか連続して大人の生徒さんじゃーー;

















それは●○前のこと







奥様生徒さんのAさんがやってきました。









Aさん「せんせーおねがいします
ヾ(@°▽°@)









大人?













せりせ。「じゃあ弾いてください」






挨拶省略?








m(@°▽°@)m~♪






DVC00191.jpg




今回の曲は知ってる曲なので譜読みが早い^^







前記事のコピペ?きき気のせいにして下さい((^^;







m(@°▽°@;m~♪







メロディーが行方不明なところはさておいて





さておくのかーー;








DVC00193.jpg




細かいパッセージのところで




注:パッセージ [passage]とは、曲の中で旋律音の間を経過的につなぐ急速な音の一群。この曲ではⒼの1小節目の32分音符で「ドファソラドファソラドファソラ」と書いてある部分




















華麗な手首のひねりが入ってる^^;






フィギュアスケート?













せりせ。「指をくぐらすときは手首をひねらず、親指を小指の方に折るように素早く移動した方が^^;」










ドファソラドファソラm(@°▽°@;m~♪









こんどは手首を高く上げた“華麗なひねり”が入ってる^^;










せりせ。「そんな手首上げなくていいですから、ドを弾き終わったら素早く親指を小指の方に折るようにして手の中に入れて移動する!」








分かりにくい?親指を折って、手で“よん(4)”を作る感じ^^;










ドファソラドファソラmへ(@°▽°@;m~♪









・・・







今度は”ひじも高く上げたひねり”になった







・・(・∀・)








高さもひねりも入れないで欲しいAさんに







フィギュアスケートなら高得点なんですけど^^;









いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif









<今日のその後>








次の週






せりせ。「じゃあ弾いてください」










m(@°▽°@;m~♪




・・・








今度は“手首とひじの高さの入ったひねり”の他に











スピード感のある“スベリ”も入りましたよぅ












・・(・∀・)








”高さのあるひねり”も”スピード感のあるスベリ”も入れないで欲しいAさんに







フィギュアスケートなら高得点なんですけど^^;









いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック