主婦でピアノの先生もしている筆者が、普段の生活のなかでおもったことを、きままに日記に書いてみました。(癒し系ブログ!お笑い好きな方必見!(*^。^*)!)
レッスンの悲劇?(戻ってね編その7)
2013年08月07日 (水) | 編集 |

えー普段は3食昼寝付き主婦のせりせ。ですが



内職もしています。





内職とはいえ






そこはぷろふぇっしょなる(意味分かって書いてます?)







昔習ってた生徒さんが




また元通り弾けるよう



協力は惜しみませんが






・・・困|д・)







それは○○前のこと






数年前に習ってて









また習い始めたAちゃんのレッスン日のこと




Aちゃん「こんにちは(@°▽°@;







よろよろ~(@°▽°@;





どさっ!





高校生は荷物が多いんですね~~。














Aちゃん「おねがいします(@°▽°@;






せりせ。「Aちゃんの第一志望の大学は課題曲無いんでしたね^^」









Aちゃんの志望校は保育系の大学






Aちゃん「はい(@°▽°@)






せりせ。「ってかメロディー譜コードネーム付きを初見で弾かなくちゃいけないんでしたね^^;」









Aちゃん「はい(@°▽°@;)









せりせ。「この前コードネームの基本で英語のドレミファ教えたんだけど、覚えました?」



小さい時にも教えてたんですけど忘れちゃったので再度教えて^^;









Aちゃん「はい(@°▽°@)









せりせ。「じゃあそれを基本にコードを覚えてもらいます。C(ド)の長3度上のミ、さらに短3度上ソを足した、つまりドミソがCコード。」








Aちゃん「はい(@°▽°@)









せりせ。「同じようにD(レ)の長3度上の#ファ、さらに短3度上のラを足した。つまりレ#ファラがDコード」









Aちゃん「はい?(@°▽°@;








・・・理屈で覚えたら時間がかかりすぎるーー;









仕方がない









せりせ。「じゃあCDEFGABのコードを書きますね」






( ..)φ









せりせ。「弾き歌いも出来ないといけないので発声練習しましょう!」











Aちゃん「はい?(@°▽°@;












せりせ。「Cコードを弾きながらドミソミド~♪って歌って」









Aちゃん「ドミソミドm(@°▽°@)m~♪







おおっ!出来た^^











せりせ。「次!Dコードを弾きながらレ #ファ ラ #ファ レ!」










Aちゃん「レ#ファラ#ファレm(@°▽°@)m~♪









おおっ!出来た^^











せりせ。「次Eコード#$%&









・・・中略」











そしてCDEFGABのコードを全部









発声練習を兼ねて弾き歌いするAちゃん











Aちゃん「m(@°▽°@)m~♪










せりせ。「これでCDEFGABのコードは覚えましたか?」










Aちゃん「はい(@°▽°@)









(●`▽´●)ノ








何とかコードを覚えたAちゃんに





7個だけですがーー;






いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif









<今日のその後>








せりせ。「じゃあもう一度メロディー譜を見てみましょう。コードは分かりますね^^」







Aちゃん「はい(@°▽°@)」







せりせ。「Cコードは?」







Aちゃん「ドミソミドm(@°▽°@)m~♪










せりせ。「発声練習はいいからコードだけ弾いて^^;」







Aちゃん「はい(@°▽°@;」













せりせ。「Gコードは?」










Aちゃん「ソシレシソm(@°▽°@)m~♪









・・・










せりせ。「だから発声練習はいいからコードだけ弾いて^^;」











Aちゃん「歌わないと思いだせないです(@°▽°@;









・・・困|д・)








何とか歌わなくてもコードを思い出してほしいAちゃんに



慣れれば出来るようになるんじゃーー;







いっぴょ~20060825130233.gifbanner_02.gif





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック